#ブラックアウトの夜(静修百物語 14)

机の上に、10円玉を置き、鳥居の絵や数字や50音を書いた紙を置きます。みんなで10円玉の上に手を置き、いろんな質問をします。十円玉が動いてとまった文字や数字をつなげていくと、コックリさんからの託宣がわかるという遊びです。私たちは笑いながらも真剣に、夢中になりました。1人の友達が「私の未来を教えてください」とお願いし、コックリさんをはじめました。返って来たその答えは「お・ま・え・は・す・で・に・し・ん・で・い・る」という非情なものでした。友達は「げーーー」と叫び、顔面蒼白になって震えていたのです。その時同時に、私の頭の中で「アチョ、アチョ、アチョ、アチョアチョアチョ」という意味不明な叫び声が響いたのでした。それでも、私たちはめげずにコックリさん遊びを続行しました。

ところが、やがて突然、一人の友達が変になったのです。何かに憑依されたのでしょうか。意味不明の言葉をつぶやき出し、床に倒れて口から泡を噴き出ししまったのです。慌てて先生に連絡し、救急車で病院に運ばれていきました。「アチョ、アチョ、アチョ・・・」はこっくりさんからの「もうやめろ」という警告だったのかもしれません。幸い、翌日には元気に登校してきましたが、もうこんな危ない遊びはこりごりだと思いました。でも、みんなで輪になって囲むという構図の共通性を「かごめ。かごめ」遊びや「コックリさん」占いに感じます。これも土俗的な吉凶占いに起源をもつのでしょうか。」

そこまで話すと、その女学生は「ふーっ」と蝋燭に息を吹きかけ灯を消したのである。

(ろくわー(六話))と岡部。岡部は真剣な表情で、「興味本位で、そんな危険な心霊遊びをしては絶対にいけません。どうしてもやりたかったら、きちんとした霊能力者に指導者としてサポートしてもらわねばいけません。素人が面白半分にやったら取り返しのつかない精神破壊を招きかねないのです」と数珠を揉みながら諫めた。「そういう危険性があるから、この部活は公式に認められないのです。みなさんの慎重な行動を望みます」と松平。

(・・・続く)

#ブラックアウトの夜(静修百物語 13)

「口碑伝承の童謡ネタに触発されまして、私も「狐狗狸」という危ないお話をしてみたいと思います。」と5人目の女生徒が蝋燭に火をつけた。

「みなさんはコックリさんという遊びはご存知だと思います。後で知ったのですが、あの遊びの起源は、日本の農耕の共同体に伝わる土俗的な吉凶占いの習俗にあるという説があります。

今年が豊作かどうかは農民にとって生命にかかわる最重要な関心事でありました。凶作は飢饉を招き、死を招きます。科学が未発達な時代、人々は呪術的なものに頼っていたのでした。

未婚の若い感受性の強い少女を座の中心に座らせ、周りをたくさんの男女の村人が円形に囲みます。囲んだ人々は矢継ぎ早にいろんな言葉や問いを、中心に座している少女に投げかけます、少女は必死に答えようとしますが、やがて、その少女の精神のキャパを超えてしまいます。そうすると少女は異常な精神状態に放り込まれて、失神したり、意味不明のことをつぶやいたりしはじめます。いわゆる「神憑り」状態になるのです。そこまで追い込んでから、その年の豊作・凶作などを聞き、その託宣をその年の生産計画の目安にし、豊作を祈るのです。少女の声とも思えない野太い声がかえってきたりしたのだそうです。

ただ、これには問題がありました。「神憑かった」少女が、しばしばその状態から正常な精神状態に戻れないということがしばしば起こったのです。その中で、本当に霊能力が高かった女性はその後、恐山の口寄せのイタコになったり、村の神社の巫女や新興宗教の教祖に祭り上げられたということです。

私は、「かごめ、かごめ」の伝承遊びは構図的に、その神事が零落して子どものあそびに転化したのではないかとにらんでいますが立証出来る証拠資料があるわけではありません。

ああ、話は、こっくりさんでした。ある放課後のことです、仲良しグループ数人で図書館に行きました。ちょうど図書館司書の先生も担当の先生もいませんでした。これ幸いと私たちは、図書館の閲覧机を囲んでこっくりさんを始めたのでした。「狐狗狸さん」とも書くようです。(・・・続く)

#ブラックアウトの夜(静修百物語 12)

5人目の女生徒が、4話を話した生徒にむかって、「その楡の木の女学生の話と重なるような体験をしたことがあるよ」と言うと、蝋燭に火をつけて話し出した。

「これは私自身の体験で、「後ろの正面」というお話です。放課後、友達と「あの担任、サイテー」などと、その日叱られたうっぷんをぷんぷん訴えながら生徒玄関を出たんですよう。そのとき、突然、童女たちの歌声が耳に聞こえてきたんですよう。

♪かーごめ、かごめ、籠の中の鳥は、いついつ出やる、夜明けの晩に、鶴と亀がすーべった、後ろの正面だあれ?

歌詞の意味はよく分かりません。でも、子どもの頃にこの童謡遊びをしたことがあったので、友だちに、「かごめ、かごめ やろ やろ」と誘ったのですよう。みんなで静修の森に入り、その真ん中辺で、私は手で目を覆い、しゃがんだんですよう。友達が皆で手をつないで私を囲みました。そして始まったんです。歌いながら私の回りを回り始めました。

♪かーごめ かごめ 籠の中の鳥は いついつ 出やーる

夜明けの晩に 鶴と亀がすーべった 後ろの正面 だーれ

私は、「籠の中の鳥」は今、みんなに囲まれてしゃがんでいる私の姿のことだろうなあと思いながら、でも「鶴と亀がすべる」ってどういうことなんだろうと思ったのでした。そして「後ろの正面 だーれ」で、目を覆ったまま立ち上がり、振り向いて、ぱっと両手を目から外した時、私の目に映ったのは大きな楡の木でした、急に顔を上げたせいでしょうか、視線は楡の木の上のあたりに注がれたのです。その楡の木の一番上のあたりにあったのは、枝にからまるようにしてなびいていた真っ黒な長い女の人の髪の毛でした。そこに人の姿があったかどうか覚えていません。とにかく黒々とした髪の毛が枝に絡みつくように風に揺れていて、私は思わず尻餅をついてしまったんですよう。もしかしたら、第四話のかくれんぼで樹上に隠れっぱなしになった女生徒だったのかもしれないと、お話を聞いていて思ったんですよう。

まだ、持ち時間があるので、関連してもう一つ話させてください。LHRの時に、やることがなかったのか、やることを考えるのが面倒だったのか、横着な担任に連れられて、護国神社の境内まで歩いて行って、そこでクラス全員で「だるまさんがころんだ」という遊びをしたんですよう。「だーるまさんがこーろんだ」という鬼の声のタイミングに合わせて、私はピタッと止まりました。その時、私の隣にクラスメートではない、見たこともない長い黒髪が印象的な女子生徒が、歌舞伎の「見栄」のような両手を開いたポーズで静止して、私を見てにこっと笑ったんですよう。なぜか私にはすぐ分かりました。この子は楡の木の黒髪の少女だと。次の「だーるまさんがこーろんだ」の時にはもう消えていました。みんなと一緒に、また遊びたかったのかなあ。」

「ごーわー(五話)」と岡部。数珠のじゃらじゃら。「古い童謡はみんな謎めいていますね、「あの子が欲しい」と手をつないで向き合う遊びもありましたねえ。伝承歌にはどんな歴史の背景があるのでしょうねえ。また鬼ごっこをして彼女を見つけてあげられたら、こちらの世界に帰って来れたのかもしれませんねえ」と岡部。「古くから伝わるわらべ歌や子守歌には、今では意味の分からない謎めいたものがたくさんありますねえ」と松平。(・・・続く)

#ブラックアウトの夜(静修百物語 11)

翌日から行方不明として大規模な捜索が何日も行われましたが、ついにみつからぬまま捜索も打ち切られました。それ以来、少女は樹上生活者となったのであります。やがて、その魂は鬼と化し、その楡の木の守護霊になったのだと言い伝えられているのです。

ところが、創立40周年を期して、新校舎(今の5階建て校舎)が建設されるのに伴って、その楡の大樹は無惨にも切り倒されてしまいました。

今、静修の森の真ん中にある楡の木はその二代目です。ときどき、見上げてみてごらんなさい。たまに、運がよければ、昔の袴姿の制服を着た女学生が樹上から登下校風景を見下ろしているのを目にすることができるかもしれません。そうそう、その初代の楡の木の幹が切り倒された後、それを輪切りにしたものを、手先の器用であった伊藤剛先生が置物に加工されたときいております。ずっと正面玄関入り口に飾られていましたが、今もあるのでしたか。鬼になった木登り少女は時々、夜中になると木から降りて来て、そのくっきりと年輪の浮いた楡の木の置物を愛おしそうにそっと撫でていくのだということでございます。

その初代の楡の木から芽を出していたひこばえを立派な盆栽にしてあり、創立60周年の記念式典のシンボルとして大事に飾られていましたが、その後、枯れてしまったそうです。木登り少女はその枯れた盆栽の楡を見ながら涙を流していたと語り伝えられております。

そろそろ蝋燭の灯が消えそうになってきました。私の話はこれで終わりとします。」

蝋燭が消えた時の煙と独特のにおいが漂い、「よんわー(四話)」と岡部が告げる。「ぼくも授業中に教室の窓から、楡の樹上で素早く移動する影をみたことがありましたねえ」と松平。(・・・続く)

#ブラックアウトの夜(静修百物語 10)

「ちょっとプールネタから離れてみようか。」と岡部。

「では四番手をつとめさせていただきます。四と言えば「死。」嫌われる数字ですが、私は四番手を光栄に存じます。」やたら元気な小柄な女生徒。

「これは、私の近所に住んでおられる静修の卒業生だというおばあちゃんから聞いたお話です。今の校舎に改築される前には大正時代に建てられた本校舎と昭和14年に建てられた新校舎という二つの建物があり、そのL字型の校舎の間の中庭に、2階の屋根まで届く大きな楡の木があったそうです。そんな時代の「木登り少女」というお話です。そのおばあちゃんの口調を借りてお話しします。

放課後、仲のいい友達十数人でかくれんぼして遊んだことがございました。鬼はその楡の木に向かって腕を当て、その腕で目隠しして、「もういいかい」。鬼以外の人は「まあだだよ」と言いながら隠れる場所を求めて散っていったのでございます。「もういいかい」。「まあだだよ」。そのなかの運動神経抜群の腰の辺りまで伸ばした髪の友達は、鬼の意表を突こうとして、鬼からは完全な死角になるその楡の木にするすると登って行ったのです。「もういいかい」。「もういいよ」。鬼の視線は目線の高さで隠れている友達の姿をサーチし、「○○ちゃん、みっけ!」と次々と見つけていきます。でも、鬼の目にとって、垂直方向は完全な死角になるので、楡の木のてっぺんまで上って、枝にしがみついている少女はいつまでたっても発見されません。楡の木の少女はかたくなな性格で、遊びにも潔癖です。見つかるまでは、死んでも降りてやるものかといつまでも枝にしがみついて降りようとはしません。

その内、日は落ちて暗くなり始めました。何度か鬼は交替し、鬼ごっこがくりかえされました。でも、やがて鬼ごっこにも飽きて来た様子。「もう、やめにしようか」と一人が言い、「もうおうちに帰んなきゃ」ともう一人が応じると、その鬼ごっこは終わり、中庭の隅においてあった学生カバンを抱えるとばらばらと帰路につき始めます。みんな木によじ登って隠れた少女のことはすっかり忘れています。楡の木の上に取り残された少女は、繁茂している楡の葉陰から、その様子を見下ろしていました。でも、遊びにも潔癖なその少女は、見つかるまでは決して姿を現してはいけないのだと思い定めていたのでございます。(・・・続く)

#ブラックアウトの夜(静修百物語 9)

その姿に同情して集まったアリたちの群れが一生懸命に海に向かって引っ張って波打ち際まで連れて行ってくれました。半魚人の干物は海に帰れると思ううれしさで涙がとめどなくあふれました。やっと海にたどりつくと泳ごうとしましたが、骨だけになった身体では昔のように自由に泳ぐことができません。潮が骨に沁みます。昔の恋人に会いたいという思いが強く心を焼いたのですが、今の露わになった骨の姿を彼に見られたくはないという相反する気持ちにのたうちながら波にもみくちゃにされて海をただよったのでした。

やがて幾日か経って、頭のもぎ取れた半魚人の骸骨は岸に打ち上げられ、やがてその上を砂が覆っていきます。せっかくたどりついたのに、もう目玉がないので海を見ることも、耳も失い、そのなつかしい波の音を聞くこともできません。潮の匂いをかぐこともできません。とうとう恋人との再会も果たせませんでした。骨になっても一目逢いたかったのですが・・・。半魚人の骨は風に運ばれてくる砂の下に少しずつ少しずつ埋もれていったのでした」。

「私はそのお話を聞いてから、静修のプールの窓外の地面に、拾って来た石でお墓をつくり、時々こっそりお線香をあげているのです。」

もうとっくに蝋燭の灯は消えていましたが、みんなは哀れな半魚人の運命に涙していたのでした。

「さんわー(三話)」と低い声でつぶやき、「時間オーバーだが、許す!」という岡部の声。「どうして、半魚人は本校のプールに連れてこられたのでしょうねえ。恋人とも引き裂かれたのですね。その一途な思いが悲しいですね、切ないですね」とつぶやく松平。「世の中はすべて因果で動いているわけではありません。不条理なのです。分からないから怖いのです。」と岡部。

(この第三話は、井伏鱒二の『山椒魚』(新潮文庫)と小熊秀雄「焼かれた魚」(『教えたくなる名短編』(ちくま文庫)所収)の一部をパクって下敷きにしています。2作とも心に残るすばらしい短編作品だと思います。短いので立ち読みでもいいですので、ご一読をお薦めします。)(・・・続く)

#ブラックアウトの夜(静修百物語 8)

と、その時です。プールのドアをがちゃがちゃする音が聞こえます。半魚人の干物は「今だ!」と思いました。「猫君、このチャンスしかない。お願いだからわたしをくわえて走り出してくれませんか」。子猫は力を振り絞って半魚人の首をくわえ、ずるずる引きずってドアのところに身構えました。ドアが開くと同時に子猫は入って来た人間の足元をすり抜けて走り出しました。北校舎の玄関を通り、静修の森の木陰まで逃げ延びると、半魚人の干物は言いました。

「ありがとう。約束だから、わたしの尻尾を食べていいわよ。」

子猫は我慢していた空腹には逆らえず、その尻尾をむしゃむしゃ食べたのでした。

「君は人間たちのところに帰ればいいよ。わたしは海に帰ることにしたんだ。ありがとうね。」

かくしてその後、その子猫は一人の心優しき女生徒に引き取られていったのである。

静修の森の木陰に半魚人の干物はしばらく潜んでいましたが、そこにねずみが通りかかったのでした。

「ねずみさん、わたしを海まで連れて行ってくれませんか。わたしの背びれやむなびれを全部食べさせてあげるから」

「おれの体力では海までは無理だが、行けるところまで連れて行ってあげよう」

ねずみは、はあはあ言いながら、薄野の飲み屋の路地あたりまで行くと、ギブアップしました。約束通りひれを食べると、ねずみは路地の奥に消えていきました。そこに痩せこけた野良犬がやってきました。

「野良犬様、わたしを海まで連れて行ってくれまいか。わたしの片側の肉を食べさせてあげるから」。野良犬は料金先払いならいいよと言い、片側の肉をむしゃむしゃ食べると、頭の所をくわえて、36号線を進みました。琴似あたりで、はあはあ言いながら、「もう限界だ。ここで勘弁してくれ」と告げると、どこかに行ってしまいました。

そこに一羽のカラスが飛んできました。

「カラスさん。僕を海まで連れて行ってもらえないだろうか、お礼に反対側の残った半身を食べさせてあげるから」

カラスは、「重いと飛ぶのは無理だな、先に食べて軽くさせてもらうよ」と大きなくちばしで半魚人の干物の胴体の肉をつついて食べつくしました。それから、「まだ重いな、頭も目玉も食わせてもらおうか」と目をくりぬいて食べ、頭も柔らかい所は食べてしまいました。強欲なたちの悪いカラスでした。もうみすぼらしくつつき回された頭と骨しか残っていません。その骨をくわえるとカラスは大きく羽ばたきました。でも、目玉を食われてもう何を見る事も出来ません。

ああ、波の音が聞こえてきました。潮のなつかしい匂いがします。石狩の海に近づいたようです。突然、カラスは「もう、この辺で勘弁しろよ」と言うと、空から放り落したのでした。食われ残ったわずかの頭と骨を残しただけの半魚人の干物は空気の抵抗を受けることがないので、まっ逆さまに砂浜に落下しました。(・・・続く)

#ブラックアウトの夜(静修百物語 7)

  • 暗闇に新しい蝋燭が灯された。三人目の女生徒が語りはじめる。

「実は、この話には別バージョンがあるのです。「半魚人の泪」というお話です。半魚人は干物になっても、本当に心の底から、生まれ育った海に帰りたかったのです。あの広い海で仲間たちと楽しく自由に過ごした日々が忘れられないのです。一緒に海で泳いだ恋人にも無性に逢いたくなったのです。水泳授業がなくなり、一緒に泳ぐ人もいなくなり、やがてプールの水も抜かれてしまいました。淋しくてたまらなかった半魚人の干物は友達が欲しかったのです。ある日、プールの窓の外の陽だまりで日向ぼっこをしている子猫を見つけ、声を掛けました。

「君、わたしの尻尾を食べさせてあげるから、中に入って来てくれないかい。人間には分からない小さな入り口を教えてあげるからさ」

猫はその半魚人が発する干物の匂いに惑わされたのでした。小さな穴から猫が入って来ると、半魚人の干物は素早く、その穴をふさいでしまったのです。「尻尾を食べさせてください」と子猫はせがんだのです。「もう少し待ってくださいな。ここから脱出するチャンスが出来たら、その時には絶対に食べさせてあげるから、それまで、申し訳ないけど待ってちょうだい」と半魚人の干物は答えます。ところが、その脱出のチャンスはなかなかやってきません。半魚人の干物は、猫に、楽しかった海での生活を色々話してくれました。海の美しさや、恋人との甘い語らいなどです。でも、なぜここに来ることになったかは教えてくれませんでした。よほどつらい記憶だったのでしょう。半魚人の干物の尻尾をしゃぶりながら子猫はだんだん痩せていきました。そうして3ヶ月ほどたちました。

「空腹で動けません」と子猫は言いました。

「それでは、あなたはもう駄目なようですか?」

「もう駄目なようです」

よほどしばらくしてから半魚人の干物はたずねました。

「あなたは今どういうことを考えているようなのだろうか?」

子猫は極めて遠慮がちに答えました。

「今でもべつにあなたのことをおこってはいないのです」(・・・続く)

 

#ブラックアウトの夜(静修百物語 6)

二人目の女生徒が、蝋燭に火を灯す。

「では、第二話は第一話を受けて、プールがらみの「猫がいた日々」というお話をしてみます。「猫の怨念の話をしてあげようか」。「部屋の暗い片隅にな」・・・長ーい間(ま)・・・(関西弁で)、「猫がおんねん(怨念)」。というくだらない怪談ギャグが昔ありましたが、そんなつまらない話ではありません。

私の教室は北校舎にあります。夕方、被服室前の廊下にいると、プールのドアの向こうから「ピチャッ、ピチャッ」という水の滴る音や、泳いでいるような水しぶき音や水に飛び込む音が聞こえるという体験をしたことがあります。もちろん、今は水が抜かれているので、そんな音が聞こえるはずはないのです。でも、今日はその話でもありません。

ある日、私は被服室から上に上がる階段の踊り場のところで足を止めました。上から掃除のおばさん二人が立ち話をしているのが聞こえてきたのです。(なぜか関西弁)

「前から、プールのドアの向こうから猫が鳴くような声がきこえへんか」

「そやな、わても気になっとたんや、あんたにも聞こえとったんかいな」

「なんか、気色悪いでえ、もう3ヶ月はドア閉められたままやで、もし猫が迷い込んどっても食うもんあれへんから、すぐに死によるやろ。第一、入り込む隙間なんかあれへんで」

「一度、鍵開けて、調べてもろうたらええがな」

「そやなあ」

それから数日後、ちょっとした騒ぎになったのです。プールのドアの鍵があけられ、隅々まで猫の一斉捜索がされました。いたのです。プールの隅にがりがりに痩せ細った三毛猫がうずくまっているのが発見されたのです。

その猫は、やさしい生徒が引き取って飼ってくれることになったのでした。

「あの猫、よう生きとったなあ」

「ほんまやで、死んどるのを見つけたら、寝覚めが悪うなるところやったわ」

「念入りに調べはったんやて。そやけど入り込めるような隙間はどこにもなかったてゆうてはったで。ということは、掃除に入った3カ月前に紛れ込んだとしか思えへんわ」

「ほんま、奇跡やで、なんも食うもんあれへんし、水だって無いで」

「なに食って生きとったんやろな、ほんま不思議な話やで」

私は第一話を聞いて確信しました。猫は半魚人の干物を食べて生き延びたのです。」

そこまで話すと、女生徒は蝋燭を、ふっと吹き消した。「にーわー(二話)」と岡部の低い声。数珠の音。「怖さ度の評価は後で採点表の形でまとめてみなさんにお知らせします」。「半魚人かわいそう」と誰かが言った。「哀れな話ですねえ」と松平がつぶやいた。(・・・続く)

#ブラックアウトの夜(静修百物語 5)

私が入学した時には、もう水泳授業は行われなくなっていて、プールの水も抜かれていました。母のしてくれた話が気になっていたので、何かの点検のためだったのでしょう、プールへのドアが開いていたことがありました。私は思わず忍び込んだのです。魚屋の店先のような生臭いにおいが充満していました。確かにプールには水はなく、側面や底に塗られた青い塗料はあちらこちら剥げていました。私の足音が妙に大きく響きます。その時、私はかすかに水の跳ねる音を聞いたのでした。幻聴かと耳を澄まして周りを見回しました。その視線を上にあげたとき、私は見てしまったのです。

天井に横に渡された鉄パイプの梁にシーツのようなものがだらりとひっかかっていたのです。長い黒髪が垂れ下がり、よく見ると全身が鱗模様に覆われていました。それは全体がぺらぺらした感じで大きな干物のように見えたのでした。その逆さに垂れ下がった髪の陰になっていてよく分からなかったのですが、そこには顔があったのです。そして、その眼がぎろりと私を見たのです。私の体は金縛りにあったように固まってしまいました。その干物の目は悲しそうでした。

と、その時、その大きなスルメのような干物がずるりと動き、鉄パイプからずり落ち始めました。鉄パイプを離れると、それは水木しげるの漫画にでてくる一反木綿ふうに、ひらひらと落下しながら風に吹き流されるがごとくに、こちらに向かってきたのです。私は悲鳴を挙げると、夢中で外に飛び出したのでした。

今考えると、あれは住み着いて泳いでいたプールの水を抜かれ、泳ぐ場所を失った半魚人が干乾びてしまった姿だったのかもしれません。」

蝋燭の芯がジジッと音をたてて消えた。「一話(いちわー)」という岡部(例によって、以下敬称略)の低い声。やさしい微笑みを浮かべている無言の松平の表情が不気味であった。(・・・続く)