懐かしの先生は、今…。宮路先生編

第1回目

桃の節句も過ぎ、いよいよ春を迎える中…。
6月に開催される同窓会準備も着々と進んでおります。
当日は、静修の森の桜や、校内の黄色いレンギョウ、ラベンダーのように…お喋りの花で満開になる事と思います。

今年の同窓会余興担当は、平成4年卒業の方々です。

そこで、あの頃を思い出してもらえたらと、懐かしの先生インタビュー⁉️を企画致しました。

どのような話しが、飛び出すでしょう?

第1回目は…。
現在、静修高校校長を務めていらっしゃいます、宮路真人先生です。

宮路先生が静修に勤務されたのが、昭和60年。
今年で、34年だそうです。

平成4年同期生で、1年生では3組を、2・3年生では5組を担任されました。
先生いわく、担任をしたクラス毎に性格がまちまちなのは、普通のことだそうですが…。
とにかく、この年の生徒達は思い出深い!と、当時の担任の先生方の間でも、話題になるそうです。
先生自身も、『若かった!青春だったなぁ〜!』と笑顔がこぼれていました。

1年3組の担任後、2年生になってからのクラスの中には、一人も1年の時の生徒が居らず…先生自身も驚き⁉️
教え子達からは、『裏切り者〜〜(笑)』と言われたとか!

思い出深い出来事については、沢山あり過ぎて…。
どれを話そうか?迷うそうですが。
その中で、強烈に思い出すのが…修学旅行。
その年のみの行程であった、東京ディズニーランドと大阪の『花と緑の博覧会』へ行った事。

博覧会に合わせた為、異例の9月出発。
とにかく暑くて、暑くて…フラフラになるくらいだったので…博覧会での記憶といえば…。
世界最大の花で知られ…開花しているのは僅か3日間という、『ラフレシア』の花が咲いているのを見た事くらい…だそうです。
それくらいに、北国の人にとっては…過酷な本州の暑さ。

そして、暑い土地で過ごす為。
1日目は、制服。二日目は、私服を許す事にした件。

この私服については、毎日のように職員会議か行われ、とことん話し合われたとか。

その修学旅行の話題で、先生の表情が変わったのは…病の為に参加が出来なかった生徒の事。
その表情には、インタビュアーの私達も…何だか、涙が出そうでした。

昔は、学校行事が多く、先生方も若かった。
人と人との繋がりを楽しんでいた事、女子校は、女子校なりの色々な役割の生徒が居た事。
発想豊かで、パワフルでエネルギッシュだったと…先生は、振り返ります。

そういえば、インタビュアーの私達も…。
あの頃は、インターネットというモノは無く。
家に帰ると、手紙を書き…可愛いハート型やワイシャツ型に折り。
翌日の教室で、友達に渡したものです。
授業中には、先生の目を盗んで…小さく折りたたんだ手紙を、後ろの席から次の席、前の席へとまわしたり…。
(先生方、ごめんなさい(笑))

宮路先生の思い出話しは、尽きる事なく…私達も、高校時代が映画のようによみがえり、すっかり青春時代に戻っていました。

最後に先生は、
『同窓会は、繋がるキッカケを作ってくれる場。
難しい事は、考えずに楽しんでもらいたい。
ネットの時代ではありますが、元クラスメイトや元部活の仲間と再び繋がる。
そのキッカケで、人間関係が深まり、豊かになるのではないでしょうか。直接会うのと、ネットで繋がるのとでは、また違う何かを感じるかもしれませんね。』と…教え子達に会える6月を心待ちしていらっしゃいます。
合唱部と演劇部の顧問をされていたので、懐かしい顔が集まると華やかでしょうね。

宮路先生、卒業式前のお忙しい中…インタビューを快く承諾してくださり、ありがとうございました。
記…米澤

インタビュアー…加藤.米澤
撮影…西村

同期会準備完了!

201806151540

 

昨年11月から半年かけて取り組んできたH3年卒同期幹事会も15日をもって準備完了となりました!この日は同期会成功に向けて最終調整を致しました。司会を担当してくれる松下さんの舌も絶好調で担任の妹尾先生との絡みを予行練習(?)(笑)余興で勝利した人が貰える景品や名札カードも用意し、あとは本番を待つだけです。きっと再会を喜んでもらえる同期会になると確信しています。出席される皆様、どうぞお楽しみに!

同期会準備着々と!

同期会・同窓会開催まで一カ月を切りました。この日の幹事会のために『静修ビスコ』(菓子メーカーに特注)を差し入れてくれた帯広の幹事さん、有難うございました。静修のマスコットキャラクター『チャッピー』(鹿)をデザインに配置し、食べるのがもったいないくらいの出来栄えに幹事一同感動しました。この日の打ち合わせでは、まだ出席の返事を出し忘れて(?)いる同期生に声掛けをしていくことと、当日の役割分担や余興の内容について話し合われました。また、当日着用するセーラー服(同窓会レンタル)のサイズ選びなど、準備が着々と進んでおります。同期生、同窓生の皆さん、楽しい会になるように幹事一同頑張っていますので万障繰り合わせの上、ご出席ください。次回幹事会は6月15日を予定しています。

同期会の案内状をお届けします!

4月26日(木)、昨年来から名簿の空欄を埋める作業を進めてきましたが6割方埋まったところでの発送作業の運びとなりました。昨年までは、15,000通の封書を50人くらいの同窓生を動員して発送作業をしておりましたが、今年度より、封書は同期会のみとし、他の同窓生にはホームページから出席の返事をいただくことになっております。ただ「52年卒で還暦を祝って集まりたいので案内状を送ってほしい」というリクエストなどには案内ハガキを出すケースもあります。是非、同窓会事務局にお問い合わせください。
さて、本日の発送作業は同期会幹事プラス同窓会理事によって行われました。12クラス260名の封書の中には案内状と各クラス幹事より工夫を凝らしたメッセージカードが添えられたりして、同期会が盛況になるようにとの願いを込めて作業が進められました。5月19日までに返信ハガキを投函していただきたいと思います。次回幹事会は、5月25日(金)です。今後は同窓会の余興内容の検討に入っていきます。

あの日に戻りたいね!リプレイ!

同窓会誌「静修の友」№22(1992)に特集「静修1期70年(人)」を見つけました。この年は静修高校創立70周年の記念の年で同窓会誌を記念号と位置づけ特集を組んでみました。1期1名70期で70名、70名の『静修の語り部』(86歳~19歳)に登場していただき「静修に生きた歴史」を検証してもらいました。その企画の中に、何と『ゆうちゃん』が登場していました。

血まみれの回転レシーブ
2年、3年と出場した球技大会が印象に残っています。特に2年の時は盲腸の手術をしたばかりで、激しい運動は禁止されていました。でも生来が運動好きの私です。黙って座っているわけにはいきませんでした。バレーボールの試合に出場しました。熱中してくると傷の事なんかすっかり忘れ、傷口を下にして回転レシーブをして滑り込んだため、皮膚が裂けてしまいました。それでも、血を流しながら気力でプレーを続けました。優勝が決まった瞬間は、今でも忘れられない感動的な思い出になっています。

同窓会誌の中にこの文章を発見した時にはビックリしました!澤井さんの強烈な思い出と共通のものが語られていました。

あの日に戻りたいね!

4月26日の発送作業時、封書の中に入れるメッセージを幹事から見せてもらったので披露したいと思います。

私の高校時代の思い出。それは球技大会バレーボールの決勝戦のこと。バドミントン部の主力選手である『ゆうちゃん』のサーブが凄かった!相手コートにネットすれすれ、フォークボールのようにグ~ンと落ちるボールが忘れられないです。バドミントン部で活躍している運動センスはさすがだなぁと思いました。絶対勝ちたい高校生活最後の球技大会です。当然、応援もヒートアップしていきます。ところが、その『ゆうちゃん』に異変が・・・。横っ腹を手で押さえて苦しそうな顔をしているのです。私が「大丈夫?」と声をかけたら、「大丈夫!」と言うので心配しながらも、『戦力になる存在は交代させられない』という思いが勝って試合は続行していきました。しかし、数分後、『ゆうちゃん』の横っ腹から血が溢れ出してきました。聞けば盲腸の手術したばっかりだということでした。結果、最後まで気力でコートに居続けてくれた『ゆうちゃん』のお蔭で優勝できました。数日後、バドミントン部の顧問の谷浦先生にがっつり怒られたことを耳にしました。でもこのことは本人の口からは話されることはありませんでした。かっこいいなぁ~! 
 みんなも高校時代のたくさんの思い出があるよね。みんなに会いたいです!同期会でお待ちしていますね。 4組 幹事一同より

同期幹事会(平成3年卒)

 

3月29日(木)、同期会の幹事会がありました。この日の出席者は同期会代表の澤井勇気さん(4組)、副代表の林(山森)里香さん(4組)、大久保(高橋)雪乃さん(6組)、田中(土田)友美さん(6組)の4名に宮澤(山田)真理子さん(2組)です。4月の発送作業まであとわずかという段階で、まだ12クラス中5クラスも半分以上の住所不明者がいます。あらゆる手がかりを求めて奮戦しているのですが多少の限界を感じつつあります。そういう中、同窓会総会委員長、副委員長、学校祭バザー実行委員長の3名が幹事会に出席してくれました。同期会経験者という立場で様々な体験談を聞かせてもらえました。『出席した人はみんな笑顔で楽しんでくれる』『苦労した分、達成感を味わえる』というキーワードに元気をもらえたようです。幹事会の出席者が少ない中にあって、自分は遠方にいて出席出来ないけれど余興のクイズなら考えられるのでお手伝いさせてくださいと、同窓会宛に郵送でどっしりとした書類が届きました。時間配分まで考えられた内容に一同ビックリ!仲間の広がりに力を得た様子で会話が弾みました。次回は発送作業なので幹事以外にも呼びかけるという確認をしました。次回は4月26日(木)1時半です。

27年前の卒業の日

この写真は「月間HR」(学事出版)の表紙を飾った写真です。今年開催の平成3年卒同期会の4組(伊藤光枝担任)での卒業ショットです。写真部が写してくれました。この時代の写真部は高文連などで全国トップの成績を収め、数々の賞を貰っていました。これも選ばれた写真の一枚です。全国発売の雑誌の表紙を飾るって凄いなと思いました。それにしてもこの写真、卒業ショットにしては笑顔満載で実に楽しそうに写っていますね。私も若い!()

楽しかった27年前にタイムスリップ出来る同期会は、卒業後どんな人生を過ごしていようとすぐに高校生に戻れるから良いものですね。ただ今、12クラスの幹事たちが名簿の空欄を埋める作業から当日の企画にアイデアを練っている段階です。3月29日(木)、月一回の打ち合わせがあります。その様子をすぐにアップしますので、乞うご期待! (同窓会事務局長 伊藤光枝 記)