#y=ax

このエントリーをはてなブックマークに追加

一時、ベストセラーになった養老孟司の『バカの壁』(新潮選書)の中に「脳の中の係数」という章があり、数学音痴のぼくにもシンプルで分かりやすい説明があった。「入力」(「情報が脳に入ってくること」)をxとし、「出力」(その情報に対しての反応)をyとするとき、「この入力をx、出力をyとします。すると、y=axという一次方程式のモデルが考えられます。何らかの入力情報xに、脳の中でaという係数をかけて出てきた結果、反応がyというモデルです」として、次のように言う。

<このaという係数は何かというと、これはいわば「現実の重み」とでも呼べばよいのでしょうか。人によって、またその入力によって非常に違っている。通常は、何か入力xがあれば、当然、人間は何らかの反応をする。つまり、yが存在するのだから、aもゼロではない、ということになります。

ところが、非常に特殊なケースとしてa=ゼロということがあります。この場合は、入力は何を入れても出力はない。出力がないということは、行動に影響しないということです>

として学生に「出産ビデオ」を見せた時に男子学生が何の感興ももたらさなかった、すなわち「係数aがゼロ(または限りなくゼロに近い値)」だったという体験例を引く。なるほどと思ったが、係数a(「現実の重み」)、ぼくはこれを興味・関心と置き直して読みましたが、それがゼロであれば、いくらxという情報をたくさん与えても、その情報に対する反応のyはゼロにしかならないということであろうと理解したのでした。

これを、現実の目の前の生徒に転用して考えた時、授業でどんなに大量の情報(教科の学習内容)を与えたとしても、生徒の係数a(興味・関心)がゼロだったら、出力としてのyは限りなくゼロに近いものになってしまうということになります。

これについては、思い当たる所がある。静修に来る前にぼくは千葉の公立高校に勤めていたが、100数校の県内の偏差値ランクで下から2番目という学校で、当時は全国的に校内暴力とかで学校も荒れまくっていたから、暴走族とかシンナーとか大変であった。そんなふうだから、授業もでたらめで、国語の試験をしても平均点が20点ぐらいで、これ以上やさしい問題は作れんぞという感じだった。いいやつもおもしろいやつもいっぱいいたが、退学数も非常に多かった。だが、彼らが愛読していたバイク雑誌については、専門用語だらけで、ぼくなど読んでもまったくちんぷんかんぷんだったが、それを読みこなしているのに驚いた。すなわち、バイクについては係数aが非常に高かったのである。農家の子弟が多かったが、たぶんその後、生活のために今度は農業関連の知識についての係数aを高めて、今では農家のいいおやじになっているであろうと想像する。逆に言えば、係数aさえ高ければ逞しく知識を吸収して生きていくことが出来るのではないかと想像するのである。

と考えてくると、教育力を高めるということは、情報量としてのxの教え方の技術以上に、生徒の興味・関心としての係数a(それは個々の生徒一人一人によって異なるであろうが)をどう高めていくかの工夫にかかっているようにも思えるのである。一時、分かる授業、面白い授業というようなテーマで学内の研究テーマが設定されていたことがあるが、その肝は授業で冗談を言って面白く授業展開するといったレベルの話ではなく、個々の生徒の係数aをどう喚起し、向上させるかにあったように今頃になって思うのである(それは、子育てについても同じことが言えると思うが)。言い換えれば、仮に試験とか、受験とかといった外在的な係数aで維持する制度的な縛りを解除した時に、それでも学びが成立する力量の蓄積が学校や教員個々にあるか否かということでもあるかもしれない。

その教育的な力量が試されることのない、無責任な立場になって思いつくたわごとではある。

 

#y=ax」への7件のフィードバック

  1. タイトルは難しいけれど、内容はシンプルで面白い!このホームページで思いがけず妹尾先生の授業を聞いている気分で知識がどんどん入ってくるのは楽しいです。
    インターネットで大量の情報が反乱しているけれど、どれが重要なのかわからなくなっています。そこに妹尾先生の「静修の友」での「読書の薦め」はとても重要な哲学があって信頼感があります。静修の同窓生は幸せ者だなぁ!
    妹尾先生の出力を是非受け止めてほしいなぁと切に思います!

  2. 本のタイトルは覚えているけど難しそうな気がして読んだことはありませんでした。妹尾先生の解説を聞いてちょっと興味(a)が出てきました。
    aは興味に関心に価値観も当てはまりそうですよね。aがゼロというのは他からの働きかけに関してなにも感じないし何かをすることもないと言うことですよね。それは人生損してる気がします。このaの部分は意識してたらどんどん成長できるのかな。

    • 妹尾先生の説明は本当に分かりやすいです。そして色々な種をまいてくれていると思います。年齢問わず学ぶ楽しさを教わった気がします!

  3. タイムマシンに乗って学生時代に戻っても、きっと勉強しないだろうと前にコメントしましたが、自分がこれは面白い、もっと知りたい、もっと詳しく知りたいと思う何かがないと、確かに興味を持ち続けるのは難しいのかも知れません。

    それでも老眼が進んできている今、私はすっかり読書から遠ざかっています。
    その今を思うと、もっと色んなジャンルの本を読んでおけば良かったなーと少し思ったりしますね。

    • この同窓会ホームページで、妹尾先生はもっと詳しく知りたいと思う興味を持たせてくれる種をたくさん蒔いてくださったと思います。もう最終回になるのは大変残念ですが、妹尾先生に感謝感激です。ありがとうございました!次回で終わります。

  4. アメリカ!?かどこかの(笑)国で得意の科目の生徒に授業を増やすという教育方法がありました。得意分野をどんどん伸ばすという。
    自分の場合 毎日 体育(笑)

  5. 題目難しくて読むの躊躇してましたが
    やっと!!!。。。( 笑 )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です