#試験監督(2)

このエントリーをはてなブックマークに追加

暗記型の教科で、ほとんどを記号で答えさせるような作りの試験問題の場合、試験監督は緊張する。基本的に覚えていたらすぐに答えは出る。逆に覚えていなかったらあきらめるか、適当に穴埋めするしかない。考えるために時間を要する必要が少ないので、試験開始から10分とか15分とかで終わってしまう。そうすると、残った時間は試験時間終了まで何もしないでじっと待つしかない。その意味では、試験監督同様、生徒も大変である。ガマの油ではないが、試験監督と、どこか魂の抜けたような表情をうかべている生徒たちとは沈黙のにらめっこの時間に耐えなければならないことになる。

「小人閑居して不善をなす」という言葉があるが、この無為な時間が一番あぶない。暇なもんだから、前や横の生徒の答案を盗み見ようとする。あるいは自分の答案をそっとずらして友達に覗かせてやろうとする(友情に厚い?)やつが蠢き出す。前から見ているとその気配は意外とよくわかる。身体が妙に揺れる。監督の方をやたらちらちら見る。不自然に机の中に手を出し入れしたり、うつむいて机の手前のあたりに目を落とす。

監督の役割は、必ずしも不正を見付けることではない。不正を未然に防ぐことにある。カンニングペーパーのような動かぬ証拠があれば、話は早いが、不正が疑われた場合、その生徒から事情を聞くことになる。見た、見ない、人の答案を見て写した、写さないというやりとりは実に消耗する。先生は私を疑っているのか、生徒のいうことを信じられないのか、などということになると相互に不信感の泥沼にはまる。よしんば、生徒が認めたとしても、その後、教科の会議から始まって何段階もの会議が続くことになる、謹慎の処分が決定すると、生徒本人と保護者にも来てもらって、校長以下、担任を含めて5人が居並ぶ中、校長が訓辞し、謹慎期間の通告がなされる。その後も担任は家庭訪問して、家庭謹慎期間に十分反省しているか確認し、毎日書くように義務づけている反省日誌なるものを点検したりする。ことは生徒の教育的な指導に関わることなので、いいかげんなことはできない。

そういう膨大な仕事が生まれることにもなるので、不正行為は発見することよりも、させないことが一番重要なのである。だから、妙な動きをする生徒に対しては、本人にわかるようにじっと見つめたり、机の横に行ってしばし立ち止まったりして、さりげなく警告するのである。そんなことをしなくても済む場合がほとんどだが、あきらかに隙を狙っているなというようなときは、試験終了のチャイムが鳴って何事もなく終わると本当にほっとしたものである。

9 thoughts on “#試験監督(2)

  1. 試験問題が易しすぎて大幅に時間を持て余す時の監督に当たった場合は、早目に終わる訳にもいかず困惑します。生徒を見ると、寝始めるのが一人二人と増えていき最終的には睡魔が漂う空間が出来上がります(笑) 教員の中には不正行為を見つけるのが得意な人がいました。その筆頭が丸山先生でした。監督を終えて職員室に戻るとガヤガヤとした雰囲気でそれと分かりました。どうか自分のクラスでありませんようにと祈る思いでした・・・・(/_;)

    • 試験監督の緊張
      退屈な時間と戦う生徒もいれば
      悪さ企む生徒も‼‼

      そんなドラマが毎回あったのですね。

      楽しい学生生活
      勉強とリフレッシュを上手に切り替えて
      歩んでもらいたいです。

      チャイムをきく度に
      試験終了のホッとする気持ちを
      思い出してしまいそうです。

      • チャイムって本当に心安らぐ音ですね。緊張がほぐれた安堵感でホッとします。今では懐かしく思い出されます。

  2. カンニングではないけれど、、息子が停学になったことがあります。自分が習った先生や自分の担任だった先生を前にして何とも言えない複雑な気持ちでいたのを覚えています。そして家庭訪問、、自分の担任だった先生が来る、、これまた複雑な気持ちでした。反省文は親も書かされました。そして息子が反省文が短いからやり直しと返されたと聞き、しっかり書き直しなさいと叱りつけたら書き直すのは親の方だったという悲しい結末(笑)
    伊藤先生、本当にお世話になりました。(^_^;)

    • あらら、そんな暴露を……(*_*) 親子二代を反省文で指導するなんて笑っちゃいます(〝⌒∇⌒〝) 今は同世代(?)のような付き合いで今後ともよろしくお願いいたします‼️

  3. おはようございます(^.^)ノ 今だから言える高校時代の暴露話し(笑)💦💦 今だから笑える話し三( ゜∀゜) 思い出すといろいろありますね! テストの時は一夜漬けで勉強!?
    教科書を開きましたが、だんだん頭が痛くなる。普段使わない脳を使うと頭痛がするということをこの時に知り無理しないようにしました(笑)どうやって試験を乗り越えたのでしょう?(* ̄∇ ̄*)
    みなさん!カンニングはだめですよ😁

    • 大人になったら認知症防止のために普段使わない脳細胞を活性化させたほうが良いみたいですよ❗️

  4. 大学に行く人は少数派、短大に行くのも皆ではなく、どこかには就職出来ていた世の中だった気がします。
    負けず嫌いでもなく、親も上を目指せなんてタイプでもなかった私は、追試でなければいいわーくらいでいたと思います。

    勉強はしないよりはした方がいいに決まってます。でもしなくても何とか生きて行けるものですよ。
    ばれたらどうしよう・・・なんて心に負担をかけずに過ごしましょうねー

    • 人それぞれに自分にあった処世術があるものですね。自分の物差しを見つけることが大事ということだと思います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *