#試験問題(2)

このエントリーをはてなブックマークに追加

もう40年以上も前の話である。自分の出身高校で国語の教育実習をしたのであった。そのとき、「試験問題は2回作りなさい」と教えられた。その時には納得して聞いていたような気がするが、その後、いったいどういう意味で2回作る必要があると言われたのか忘れてしまい、そんな無駄に時間がかかることを実践したことは1度もない。それが、退職して5年もたった今になって、この文章を打ちながら、あっ、と思い至った。ふつう定期考査までに教科書のこの教材とこの教材を使って教えるというのはだいたい決まっている。その教材に入る前にその試験問題をまず作成してみろということだったのだとひらめいたのである。試験問題を作るためには、その教材を読みこなし、どこにポイントを置いて、どう授業展開するかを練る必要がある。つまり、教材に入る前にしっかり教材研究して授業イメージを作っておけという意味だったのだと気付いた。そして、授業をやってみて、生徒の反応や授業の中で、個々の部分でここの理解度は問いたいという形で、最初に作った試験問題を修正し、本番の試験問題が2回目として作成されねばならないという教えであったのではないかと、今頃になって思う。だが、あの時代はそれを可能にする余裕があったのかもしれないが、多忙を極める現在の教員にそれを求めるのは現実的に無理だとは思う。ただ、学校において教科指導こそが教育の根幹部分だという教えでもあったのだと思い返す。

さて、みなさんはどんな印刷で試験を受けられたのだろう。ぼくが静修に勤めはじめたころはロウ原紙に鉄筆で字を切って謄写版印刷するのが普通だった。字の下手なぼくはできるだけ丁寧にと思うとやたら時間がかかった。力を入れすぎて原紙がしばしば破れた。先輩の先生方は、それぞれ独特の字体を持っておられた。林先生の小さな升目にきっちり刻まれた几帳面な字は印象に残っている。試験だけではなくすべての印刷物がガリ版印刷だった。当時の書類は学校にたくさん保管されているはずである。その印刷物の字体から、その書類は誰の書いたものか当時の先生方なら言い当てることが出来るのではないかと思う。そういう字体当てクイズが出来そうだ。(今はヤスリも鉄筆も見たことがない人が多いであろう。昔使われたガリ版印刷機材は倉庫かどこかに残っていないだろうか。あればとても貴重な学校遺産になると思うのだが)。

そのうち、日本語タイプライターが登場した。この時期、事務室にそれが置かれていて、事務書類などはそれで打たれていたように思う。天野先生が自分の最新の和文タイプを自慢しておられた記憶がかすかにある。そして、特殊な用紙に鉛筆だったかボールペンだったかで書き、熱で転写印刷するような方式が入って来て、だいぶ楽になった気がしたが、それもほんの一時期で、次いで登場したワープロは画期的だった。ぼくは富士通のオアシスというのを使って1本指打法で試験問題をこさえた。10年ぐらい使っていたが、退職近くなったころに、黄金色の線が画面いっぱいに走り、昇天した。その頃にはみんなパソコンを使い始めていた。ぼくは、ぎりぎりワープロで間に合った。これから先、どんな新しいものが出てくるのであろうか。でも、あのガリを切るカリカリという音の人間臭さは懐かしくもある。

5 thoughts on “#試験問題(2)

  1. ガリ版印刷、タイプライター、ワープロ専用機、パソコンへの変遷を私はしっかり体験しました。特にガリ版では線を引く作業でロウ原紙が切れてしまいすべての作業が台無しになるということも・・・。妹尾先生のオアシスの一本指打法は強烈なインパクトとして脳裏に焼き付いています(笑)

  2. あれ~💦💦話しについていけない(;゜∀゜)
    パソコンは見たことはあるけどいじったことがない。事務的なこと、デスクワークには無縁なほどの人生・・・。 コンピューターが人間の脳を越える時代が来るという説もありますよね。話しは飛んで、空飛ぶタクシーとか!資格いくつなければだめなんだと思いましたが。さて、これから漢字の勉強をします。ってスマホのアプリでですが(^^)v

    • パソコンなくてもスマホで十分というのが現代ですよね。アナログ世代はもはやファンタジーの世界を懐かしんでいるようです(笑)あれ、意味不明でわからないって?!

  3. ガリ版の削る音大好きでした!
    懐かしいですね✨

    タイプライターの音も聞かなくなり
    時代はドンドン進歩していき
    頭柔らかく学んで歩まないと取り残されてしまいそう。。。

    可愛い便箋と封筒やシールを選んで
    ゆっくりとお手紙を書くことも少なくなりました。

    いつも近くにあるパソコンやスマホの便利さに頼ってしまいますが
    手書きの温かみがなくなるのは淋しいですね。

    • 手紙って貰うと嬉しいですが返事を書かなければと思うと億劫さが先にたちますね😂 電話するのも面倒ということもあります……。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *