#学校行事(連載割り込み3)

このエントリーをはてなブックマークに追加

体育祭の時、部活の生徒が午前の部の最後の競技であるマラソンに参加する。そしてその後、バスケ部やバドミントン部などの生徒がランニングで学校まで帰るというのは恒例であった。その後に、さらに部活の練習があるというのは大変なことである。若さなればこそと思うが、そのハードな体験は青春の甘苦い記憶とともに、その後の生きる上での力にもなっているのではないかと想像するのである。

ぼくは中学生の頃はバスケット部で、県でも結構なところまで勝ち上がるチームであった。その中学は駅伝にも力を入れていたので、運動部の部活に属している生徒は全員、放課後の部活の練習前にタイムを測りながらの1500メートル走とか、3000メートル走を毎日義務づけられていた。ぼくは駅伝の大会にも引っ張り出されていたのだが、年を取ってから郷里に帰った折には、その自分が走った区間のあたりを車で通るたびに、そのころの記憶がよみがえるのである。一度、自分の区間を走り終えて、次の選手にタスキを渡そうとしたら姿が見えない。タスキを手に足踏みしながら探していたら、次のランナーの友人は十秒近く遅れて道路わきの畑から現れた。緊張したせいか、畑の中で立ちションベンをしていたのであった。大きな時間ロスになったのであった。高校ではサッカー部に入ったが、その高校では毎年全校生徒の24キロマラソンというのがあった。全校で3位に入ったことがある。陸上部の長距離選手の友人を抑えてゴールしたのがうれしかった。昔の話である。だが、その後の人生でしんどいことに出遭うたび、あの頃あれだけがんばれたのだから、このハードルが自分に越えられないはずはないと自分に言い聞かせたものである。

球技大会で、3年生の優勝チームと教員チームの対抗戦が組まれていた。若い頃はそのバスケットの試合に出るのが楽しみであった。ところがある年齢になってから、自分の身体イメージと現実の自分のプレーが大きく狂い始めたのである。若い頃の力感覚でミドルシュートを打っても、リング手前でボールが失速するのである。これはショックだった。若い頃に身に着けた自分の身体感覚と現実の筋力がすっかりずれてしまっていたのである。50代になってから中学生の息子のサッカースクールの保護者チームに入って、仕事が終わってから週に一回の夜の練習に加わっていたことがある。他のメンバーはみんなぼくよりはるかに若い。もとJリーガーのコーチの指導を受けながら時々練習ゲームを行なう。そこでも同じ感覚を味わった。頭の中にある自分の若い頃のプレーイメージと現実の身体能力の落差に愕然としたのである。しばらくして、ぼくはすごすごと退部を申し出た。

年を重ねるに従って身体能力が落ちるのは当たり前の話である。であるとすれば、年齢を重ねても落ちないのは、若い時の身体感覚や精神的な感覚記憶である。体力のある若い頃に積んだハードな体験は、ある種の精神的な体力として、その後の人生の局面で生きてくるはずだと思うのである。

若い頃は腕立て伏せ、背筋、腹筋は何十回も出来たが、最近、もう一度鍛え直してみようと試みて再び愕然とした。腹筋をしようとして、全く身体が持ち上がらないのである。ギョエーと思いながら身をよじったのである。偉そうなことを書きながら、長年のビール痛飲のせいか、痛風の症状が出て来てうろたえている現在なのである。

 

 

 

 

 

5 thoughts on “#学校行事(連載割り込み3)

  1. 「体力のある若い頃に積んだハードな体験は、ある種の精神的な体力として、その後の人生の局面で生きてくる」という文章に共感します!年齢を重ねると精神的な体力で勝負という状況が多いですね。

  2. おはよーございます😄妹尾先生がスポーツマンだったなんて当時はぜんぜんわかりませんでした💦💦でも今回の同窓会で何度も卒業アルバムを見たところ妹尾先生が球技大会でバスケをやってた姿が写し出されていましたね!あの頃は優しい国語の先生というイメージでした。自分の代の4組は国語の授業は妹尾先生だったので!自分も40代中半、バスケ現役の時代から20キロ太ったので(笑)今一度、体の肉体改造をしようか真剣に考えていました。考えてるだけでいつ行動する?と自分に問いかけてる毎日(笑)

    • 今回の最初のフレーズは澤井さんのコメント投稿のことがキッカケだったかも?澤井さんもこれをキッカケに是非、行動を(笑)

  3. 私も妹尾先生がバリバリの運動部員だったと知り驚きました。国語の先生は物静か、なイメージの固定観念がどこかにあった自分に反省です。

    運動は全くしないので、もう十年くらい前から夕食がすんだら早く歯を磨き、水分以外はとらないぞーの生活をしているはずなのに、会社の健康診断がある度に、大物になっていく私です。
    そして毎年Aだった診断が、A’になり、去年は一部ですがBになり、ギョエェーーーまずいと思っています。

    • 健康診断を受けているだけ立派です!身体的にギョエ~という点が出てくるのはお互い様ですね(笑)

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *