#学校行事(連載割り込み1)

このエントリーをはてなブックマークに追加

学校行事(1)(2)についての反応コメントを読みながら、いろんなことを思い出した。 体育祭のマスゲームの記憶について書いた。それについて、小倉先生の全体のリズムを合わせるための「デンデデン、デンデデン」という太鼓の音について書いたコメントがあり、その音の記憶がよみがえったのであった。

マスゲームに対する感動と、国家主導のマスゲームのもたらす違和感について、自分でも整理しきれないというようなことを書いた。最近、全国高校野球100回記念大会を記念して流される女子高生の応援ダンスの映像をよくテレビでみかける。そのキレのある躍動感のかっこよさにはまってしまった。いろいろなバージョンがあるようで、先日は福山雅治がNHK高校野球の「甲子園」というテーマソングを女子高生たちのダンスをバックに歌う映像を見た。ミュージックステーションで、嵐のメンバーが女子高生たちのダンスを背景に歌って踊る映像を見た。目は福山や嵐よりダンスにいってしまったが、どれもカッコよかった。

マスゲームは基本が静止的で、ダンスは動的という違いはあるのだろうが、一般化はできないとしても、マスゲームはまず「全体」があり、その設計図に従って「個」が集合的に配置されて動くというイメージが強いが、ダンスパフォーマンスは一人一人の「個」のリズムや身体の表現衝動がまず前提にあって、その「個」の躍動感を最大限に発揮できるように集団的な「全体」の流れが構成されていくといったイメージを持った。

これも妄想だが、もし、体育祭で3年生全員によるダンスパフォーマンスの演出が実現したら感動的だろうなと想像してみたりするのである。個々の持つリズム感や身体能力のレベルはバラバラであろうから、それを一つに合わせるのは至難の技であろうが、今どきの高校生ならある程度のレベルまでこなせるのかもしれない。多少バラバラでちぐはぐなものになっても、それはそれで愛嬌で、それもまた味だと思いもする。そんなことが実現したら、ぜひ見に行きたいものだ。

じきに夏の甲子園が始まる。この夏もビール片手にテレビの中継にかじりつきそうだ。

 

6 thoughts on “#学校行事(連載割り込み1)

  1. 割り込みという発想にビックリ!最近はPCメールをチェックする事が少なくなりましたが、妹尾先生とのやりとりは全てメールなので溜まったメールを掻き分けて探し出します(笑) 反応コメントをチェックっていうところが嬉しいです!

  2. 「ありがとうございました。読みました。静修の3年生のすばらしい頑張りがよみがえってきました。練習は6時間ほどで、体育祭当日の朝の1回限りの全体練習だけでの発表でした。雨で濡れている芝生の上で濡れながらの演技、今も忘れられないマスゲームです。静修はいざというときに力がな出せるすばらしい生徒さん、卒業生がいっぱいいます。これからも共に頑張りましょう。ありがとうございました。」と小倉先生からコメントが寄せられました。

  3. 静修のダンス部も全国大会に行ってますし、平成の若者は音感もリズム感も良いのでしょうね。
    そして、平成も一つの区切りを迎えるんですね。次は何になるのでしょうか。

    #学校行事(2)で、学校を見たいとの声があるとありましたが、同じ思いの方も多いでしょうね。
    何か企画出来たら良いのでしょうが、今は難しいのかな。ビデオ撮影して同窓会の時に見て貰うとかはどうなんでしょうか?

    • ダンスパフォーマンスは今時でいいですね。規模は違いますが昔、応援団のチアダンスのパフォーマンスがありました。同窓会の企画についてはアイデアを貰いながら何か考えたいですね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *