うんこネタ4連発(1)

このエントリーをはてなブックマークに追加

 この欄に書いたぼくの文章を読んでいて、昔ぼくが書いたうんこ話を読んで笑ったことがある、という反応をいただいた。また同期会で、授業中に子育てはいろいろ大変だよと話した話の一つをいまだに記憶しているという方がいた。こうしたネタはかつて札幌であった全国私学教育研究集会に参加された先生方向けの広報紙に連続的に掲載したこともある。若い頃の文章だが、今、読み返すと、まじめな教員の研究集会広報紙によくこんなものを載せてもらったもんだと冷や汗が出る。ということで、その中から、うんこ体験のネタで書いたもの4本を拾い出して再掲載させていただこうと思いついた。笑って読んでいただければ幸いである。

 「黄金色のリサイクル」  

  わが息子がおしめをしていた頃の話である。仕事から帰って、疲れてビールを飲み、ストーブの前で僕はうたた寝をしていた。髪の毛を引っ張られ、ねぼけ眼で首を持ちあげると、息子が小さな親指と人差し指に何かつまんで、マンマ、マンマというのである。菓子くずか何かであろうと思い、アリガットとかいいながら口に運び、かみくだいて飲み下したら、口中に異様な臭いが漂い、パッチリ目が覚めた。

 息子のむき出しの尻の丸みのむこうに、ずっぽり脱げ落ちたおしめがみえた。いやな予感がして半身起こすと、ころころしたウンコと一緒に未消化のまま転がり出たトウモロコシ粒が散らばっていた。アヒョーッととびあがったが、時すでに遅かった。チョコレートまぶしならぬウンコまぶしの黄色いトウモロコシであったのだ。昨日のコーンスープを温め直していた妻が台所で、田舎のばあさんの挨拶よろしく、腰をペッコン、ペッコン折り曲げて「バーカ、バーカ」と笑い転げていたのである。親子二代の腸管を下って消化された幸せのトウモロコシなのであった。トウモロコシとしても本望であろう。(中略)

 もし人間がウンコを食って生きていくことが可能なら、これは永久運動装置に似た究極の自己循環サイクルであって、食糧問題もいっぺんに解決するだろうなどと馬鹿なことを考えてしまうのである。(後略)

 

 

8 thoughts on “うんこネタ4連発(1)

  1. 妹尾先生…。
    見えないご縁なのか?エッセイを読む直前…。
    我が家のサラダに、黄色いコーンを入れました。
    沢山…沢山です。
    大好物のトウキビを口にする度に、私は…。

    北海道の銘菓、トウキビチョコの社長は、タケちゃんマンに似ています。若い頃、仕事の接待でお会いしました。北野武さんをテレビで見る度に、トウキビチョコを思い出すように。 この先、コーンサラダを食べる度に、このエッセイを思い出すのでしょうか…。(笑)💦

  2. 面白すぎます‼‼‼

    ユニークな表現と
    引き込まれるような楽しい授業を思い出し
    同期会も更に盛り上がること間違いないですね。

    妹尾先生は息子さまにお話されたことあるのかしら・・

    ドラマになりそうな
    あったかな御家族の空気伝わり
    ホッコリさせてもらいました。

    自分のオシッコは万能薬!と
    教えてくれた友達がいましたが
    ウンコは・・

  3. 子育ては思ってもみなかったことの連続、未知との遭遇、とか色々聞きはしますけど・・・

    うーん(゜-゜)、それにしても中々ヘビーな状況なんでしょうけど、何とも楽しい風景が浮かんでくーるー、妹尾先生の力恐るべしです。

    次のお話しも待ってまーす。

    • 本当に度肝を抜かれるヘビーさですね。これが実体験というのだから恐ろしい!(笑)第4弾までありますのでお楽しみにぃ~!

  4. うんこ話し 楽しく拝見させて頂きましたあ!なかなか出来ない体験だと思います。(笑)それも良い思い出ですね!子育ては楽しくするのが一番ですね。

    • 果たして妹尾先生は子育てを楽しんでいたのか?楽しいことに浄化しなければやりきれなかったのか・・・。てんてこ舞いという様子が笑えますね(笑)

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *