#ブラックアウトの夜(補・静修版百物語 1 )

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを読みながら、あれこれ考えました。

例えば、「半魚人の干物」について、後の話の展開予測を読みながら、それもありだなーと何度か思いました。鴨々川というアイディアがありましたが、静修の生徒による鴨々川清掃ボランティアの活動とからめても話が作れそうだし、ラストをアリにしましたが、カニのほうがイメージしやすかったかもしれないとも思いました。アリが対価を求めなかったことに、愛の無償性を読み取ったコメントがありました。それを意識して書いたのではなく、もう食うところがないだろうと適当に処理したのでありましたが、なるほどそういう読みも成り立つなあと思ったのでした。ハッピーエンドを期待した予測のアイディアも発展させられそうだなあと思ったのでした。半魚人が元恋人と再会出来たらよかったのですが。なぜ、半魚人が静修のプールに棲みついたのかという因果はあえて不条理なのだとしましたが、何かの因果を考え出すこともできそうです。

半魚人の干物がもう目がないのに涙を流せないだろうというツッコミもありました。確かにそうではありますが、物理的に流す涙だけではなく、心理的に流す涙というものはあると思うのであります。本当に悲しい時に、物理的に流す涙よりももっと感情的な深部で涙が流れるということはあるように思います。そういう経験のある方もいらっしゃるかもしれません。科学的ではない、文学的な発想ではありますが。

半魚人ないし人魚が静修のプールに棲みついたという設定を一つの話の「タネ」としたとして、たとえばそこから想像力によって無限のバリエーションが「芽」として生み出されて話が成長していく可能性はいくらでもあると思います。

ぼく一人でも「百物語」百話ぐらいならでっち上げられそうにも思いますが、どうしたって、発想がパターン化して、陳腐なものになってしまうだろうと思います。「新・静修百物語」というようなことを想像すると、同窓生の方々がオリジナルストーリーを考えてお話を組み立てられ、それぞれのアイディア作品を持ち寄れば、バラエティーに富んだ百話くらいはあっという間に達成できそうに思います。同窓会のホームページにそういう作品募集のコーナーを設けて、その作品を掲載し、出来栄えを競うという遊びもできそうです。それは妖怪でも幽霊でも化け物でも(その区別がよくわかりませんが)、都市伝説でも、超常現象でも、未確認飛行物体でも、未確認生物(たとえば、ツチノコみたいなやつが学校の敷地内にいるとか)でも、ちょっと不思議な現象を話に組み込んであればOKというようなことで。

妖怪と言えば、水木しげるの漫画は子どもの頃からよく読んでいました。水木の出身地である鳥取県の境港市にある水木しげるロードに行ったことがありますが、そこの土産物屋で「妖怪汁」というラベルの缶ジュースを売っていました。どんなジュースなのか、気持ち悪くて買いませんでしたが、「半魚人の泪汁」とか「半魚人のするめ」を商品開発し、静修の購買で販売したら、売れないかもしれないが、話題にはなるだろうなあ、などと馬鹿なことを考えるのであります。「校長愛用 悪霊退散幣」とか「巫女舞セット(ノンアルコール口噛み酒付き)」とか、「静修オリジナルゆるキャラ へとへとさん」とか「鯉(恋)の怨み晴らし桝」だとか「ミニひな人形 三人官女ダンサー・五人囃子ロッカー」とか「静修セーラー服着せ替え人形 スケ番・ミニスカ・ヤマンバ・ルーズ・埴輪」など荒唐無稽の学校名物を妄想してみるのであります。ただ、その前提には「静修百物語」がメジャーになることが前提でありますので、当然ながら、残念ながら、全く実現性はありません。それより、こんなの売り出したら、いったいどんな学校なのよと気味悪がられるでしょう。

#ブラックアウトの夜(補・静修版百物語 1 )」への11件のフィードバック

  1. 物理的に流す涙よりももっと感情的な深部で涙が流れる、この表現に感銘しました!さすが作家的発想ですね。
    学校名物でちょっとトライ出来るかなと思うのは、「静修セーラー服着せ替え人形」ですね。マスコット人形作りが得意な同窓生を講師にして作法室を借りて人形作りをするというのはどうでしょう?昔、同窓会主催で木目込み雛人形作りをした経験があります。楽しみながら同窓会活動をしていきたいですね。

  2. 『静修なんか妖怪学校』

    早く人間になりた~い。というもっとも人間に近い妖怪たちが完全に人間になれるよう教育する学校。静修はみな妖怪なのでした。もっとも人間に近いので妖怪という自覚症状がない方もいるという。そう・・・教育するのは人間に近い教師妖怪。資格のある教師妖怪だけが人間の世界に入り込み人間という生物を観察し体験し生徒たちに教えるという。
    見た目はほぼ人間。今もなお、もしかしたら人間の世界に入り込んでいる妖怪先生がいるのかも。

    青いぺんより

  3. 『木登り少女』

    木登り少女は夜中になると下に降りてきて鹿のチャッピーと走り回って遊んでいるという。そう言いながら学校の巡回をして侵入者や不審物などないかチェックしてくれている。
    「ちょっと~あまり走り回らないでよね~支えるのがしんどいだわさ」
    と冗談をかます人柱少女。

    みな楽しく過ごしているのでした。

    即興物語の青いぺんより

  4. 『選択科目』

    静修に入学が決まったあと選択科目がある。もらったプリントに《音楽・書道・美術》と三つの選択科目を第一希望、第二希望、第三希望と記入する。
    しかし噂では第四希望があるという。これは静修に行きたくても入学できなかった怨念の生徒たちの教室があるという。開かずの扉はこの霊たちの教室!?

    追伸、自分は不器用で図工は大の苦手。美術を第三希望にしたのに美術に選ばれました。なぜだろうと思っていたら、音楽や書道のクラスになった生徒は第二希望までしか記入していないとのこと。根が真面目すぎて損した気分でしたがあのクラスで良かったと今では思っています(⌒‐⌒)

    • 実は三科目のうち、美術が一番人気がなく……?損した気分(笑)最後は良かったで良かったです!

  5. 物語って…澤井美穂先生のローズさんではありませんが…。
    怪談を聞いた人が…100人いたら、100通りの展開がある。
    人の噂話しも、同じ人の同じ内容の筈なのに…違っていく。
    そこには、その人に対する憧れを感じた場合は、…美しく語られる。
    嫉妬を感じれば、違うように語られる。

    私は、説明をする商売でしたから、似たような経験が沢山(笑)‼️
    40人のお客様に、同じ空間の中で説明をするのですが。
    それぞれ、全く違う解釈をしていたり…エッ?私、そんな話💦一言も発してない💦なんて事は日常茶飯事…。
    今、思えば…先生方も…教室という空間の中で、同じような経験があったのではないか?と思います。

    私は、物語にハッキリとした結末が無いと…エッ〜〜💦と一瞬‼️思うけど…。
    想像が膨らみます。
    あの想像・空想は、メチャクチャ楽しい‼️
    家事をしなくて良いなら、半日…想像に浸りたい(笑)

    私の想像が、作者の意図している事と違うと…へ〜〜、そうなのかあ〜と、面白いです。

    物語の主人公は、作り上げた作者の主人公以外に、読む人が、主人公になって入り込んでいるから、同じ物語でも無限の主人公がいるんだなぁと思いました。
    小説は、無理でも…怪談物語ショートショートなら…挑戦したら、楽しいかも‼️

    そして…次に読む本、決めています(笑)

  6. 早く人間になりたーい「妖怪人間ベム」ですね。ラストがとても切ない、でもその後は皆さんの心の中ですといっているようなアニメだったと思います。

    本校舎と新校舎は体育館を挟んでつながっていて、途中に短いですが通路があったと思います。
    その通路には不思議な結界があって、物の怪は通れない、本も新もそんなに楽しい部屋がある訳でもないのに、あっちに行ってみたーいと互いに思っていたとかどうですか。
    唯一、学校全てを闊歩出来るチャッピーは静修の物の怪全ての憧れの君ー

    とか言って、通路が無かったらどうしよー、何せ最近年頃なものでー(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です