#うんこネタ4連発(4)

このエントリーをはてなブックマークに追加

「官能の一夜」

心臓検査で入院していた時の話である。深夜、妙な声で目が覚めた。カーテンを隔てた隣のベッドの重症患者の所で影がもそもそ動いている。「アッツ、アッツ、もっと、そっと」「もうちょっと脚をあげて、痛くないようにゆっくりするから、」「腰を浮かして、それでぐっと力をいれてみて」押し殺したその声は、ぼくがあこがれていた若い美人の看護婦さんの声ではないか。「膝をもうちょっと立てて、そう、いいわよ」「アッ、アッ、ウーン」「もう少しよ、頑張って、ほらもっと、そう、もうちょっとよ、お腹にぐっと力をいれてみて」「アアッ、出そうよ、出るよ」「硬いのが顔を出してきたわよ、ぐっと力を」「ウーッ、アッ、アアー」カーテンガ揺れ、淡い光に影が動く。やがて深いため息。

と同時に便の強烈な臭い。固くなって肛門につっかえて出なくなった便をかき出したのだった。他の患者の眠りを気遣って押し殺した看護婦さんの声と、カーテン越しに揺れる影は実に官能的であった。と同時に、彼女が本当に天使と見えた。

 

*こんな具体的な描写はしなかったが、入院体験から、将来君たちはどんな仕事に就くかわからないが、それがどんな職業にしろ、その仕事は自分のためであると同時に、他者のための行為でもあるのだから、その道のプロであるという気持ちで自分を磨いてほしいというような話をした記憶がある。

9 thoughts on “#うんこネタ4連発(4)

  1. どんなジャンルでも名文を生み出す妹尾先生に脱帽!妹尾先生の脳内メーカーを覗いて見たいものです(笑)

  2. コレも、読んだ読んだ‼️ 読み始めて直ぐに、オチが分かったのだが…。 妹尾先生の表情を想像しながら…もしかしたら、他の患者さんも…息を潜め…様子を伺っていたのか?
    読み進める私の想像に、ツボが入り…。

    ニヤニヤしながら、小冊子を読む私の姿は…変な人に見えたかも…(笑)

  3. 妹尾先生のような想像力と創造力がほしいです。
    うんこネタ四連発終わってしまい残念( ノД`)…
    次はどんなお話でしょうか、、静修の七不思議とかも聞きたいです( ´∀`)

  4. 次のお話は「南十六条西六丁目界隈3連発」「学校行事5連発」「七人の侍・荒野の七人・そして静修版荒野の用心棒5連発」等々と続きます!お楽しみにぃ~!

  5. こ、これは・・・もしかして、あぁー、やっぱりーでしたー。
    それにしても、白衣の天使とは言いますが、頭が下がる思いです。
    自分のだって、じゃあ触れるかと言われれば、うーんです。
    官能と感動をありがとうございましたー。次回作もなまら楽しみーです。

    • 職業柄とはいえ看護師さんは大変ですね。それをこんなリアルに表現するなんて・・・さすがです(笑)

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *