#うんこネタ4連発(3)

このエントリーをはてなブックマークに追加

「便所紙、一枚」

今では何という歌であったか全く思い出せないのだが、韓国の女性歌手が韓国語で哀しみの情感を切々と歌い上げた曲を聴いていた時のこと。韓国語は全く分からないので、そのメロディと歌声の哀感に浸っていたら、繰り返されるフレーズが突如「ベンジョガミイチマイ」と耳に聞こえてしまったのである。一度そのように耳が聴いてしまうと、何度聴きなおしてもそう聞こえてしまうのである。そのメロディの哀調から考えて、「あなたと別れて、つらいのよ」みたいな、女、涙、酒、別れ、ため息的なニュアンスの歌詞なのだろうと想像はつくが、耳が聞きとってしまった「ベンジョガミイチマイ」との落差に頭が分裂してしまったことがある。

トイレで美しい女の人が用便を果たしたものの、紙がなく、涙を流しながら、こぶしをきかせて「神よ!」ならぬ「紙よ!」と悲劇的状況を歌い上げているようで、なんともちぐはぐで一人面白がったことであった。極限状況に置かれた人間の哀感が実に深くにじみ出た歌であった。

 

*この歌手はキム・ヨンジャではなかったかと思うが、なんという歌であったかは思い出せない。ひまなときに、そう聞こえる歌を探してください。

11 thoughts on “#うんこネタ4連発(3)

  1. TV番組で「空耳アワー」というのがありましたが、一度聞こえてしまうとそれ以外の言葉が聞こえなくなりますね。先入観をもつと怖いものです(笑)

  2. きっと素敵な歌なのでしょうに・・

    聞こえてしまうのは
    面白いですね❗

    ぜひ私もきいてみたいなぁ~♪

  3. ベンジョガミイチマイ、、どんな意味なのかどんな歌なのかとても気になります。どなたかわかったら教えてくださいね。

  4. 同窓会の時に流してみるとか(笑)せつないメロディなら場に合わないですかね💦💦
    みんなで聞いてみたいですね🎵

  5. そらみみアワー(タモリ倶楽部)の歌が頭に響きました。
    ベンジョガミイチマイの歌詞の本当の意味は何なんでしょうね。
    切ない別れの歌、かも知れない、曲名がしりたーーーい。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *